妊娠10ヶ月(妊娠後期)の状態を知って不安をなくそう。

 

妊娠10ヶ月(妊娠後期)の状態を知って不安をなくそう。

妊娠10ヶ月ともなると、いよいよラストスパートですね。

 

この時期は、出産に向けてお母さんも赤ちゃんも準備に入る時期です。

 

どんな注意点があるかをみていきましょう。

妊娠10ヶ月のお母さんの変化

お母さんの身体は出産に向けて様々な準備を始めます。

 

お腹の中の赤ちゃんが出産に向けて骨盤の中に降りてくるため、胃の圧迫が改善して食欲が出てきます。

 

一方で腸への圧迫が大きくなるため、便秘になる方もいらっしゃいます。

 

出産時に腸に排泄物が溜まっていると、分娩の妨げとなる場合がるため、便秘を感じたら、食生活の見直しや、軽く歩いて運動するなどの対策が必要です。

 

便秘が改善しない場合は、お医者さんに相談し下剤などを処方してもらいましょう。

 

この時期に頻繁にみられるようになるのが、前駆陣痛と呼ばれる不規則なお腹の張りです。

 

前駆陣痛はいつもより強い張りや、痛みを感じる張りが起こるため不安に感じる方も多いですが、そのまま張りが収まってしまう場合がほとんどです。

 

もしも、いつもより強く張りを感じたら、焦らずに張りの間隔をみるようにしましょう。

 

定期的な張りが1時間以上続くような場合、陣痛が始まった可能性がありますのでかかりつけの病院へ連絡をしましょう。

 

前駆陣痛があるからといって安静にして横になっている必要はありません。

 

陣痛は積極的に動いた方が出産がよく進むといわれているので、家事や散歩などで身体を動かしましょう。

妊娠10ヶ月の赤ちゃんの状態

妊娠10ヶ月の赤ちゃんは身体の各部分がすっかり出来上がり、肺や心臓といった身体の各臓器も十分に発達して、子宮の外の環境でも生きていくための準備が整っています。

 

髪の毛や爪が生えて、皮膚がしっかりとし、全身に皮下脂肪を蓄えてふっくらとした体つきになってきます。

 

少しずつ骨盤の中に入り込んでくるため、今までよりも胎動が少なくなります。

 

胎動が減ってきたと感じたら、それは出産に向けて準備をしている証拠です。

 

ただし、丸1日以上胎動が感じられない場合は異常ですので、すぐにかかりつけの病院に連絡してください。

 

この時期の平均的な大きさは、身長が46〜50cm前後、体重は2500〜3000g前後です。

 

妊婦検診のエコーで体重が小さめといわれたり、大きめといわれて気にされてる方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、この時期の赤ちゃんは皮下脂肪を蓄えているうえに、骨盤の中に入り込んでいるため、エコーでの計測が難しく、正確な大きさが測りにくいといわれています。

 

産まれてみたら500gも大きさが違った、ということもよくあるので、あまり気にしすぎなくても大丈夫です。

検診ではどんなことをするのか

妊娠10ヶ月の妊婦検診では、今までの尿検査や腹部エコーの検査に加えて、新たにNSTと呼ばれるモニター検査が始まります。

 

これはお腹にモニターの装置をつけて、赤ちゃんの健康状態とお腹の張り具合を調べる検査になります。

 

1回の検査は20〜40分ほどかかるため、時間に余裕を持って妊婦検診に行く必要があります。

 

また、内診と呼ばれる検査も新たに加わります。

 

これは、子宮の出口である子宮口がどれぐらい開いているか、赤ちゃんの頭がどれくらいの位置まで下がってきているかを確認するための検査となります。

 

内診は医師が自分の指で確認する検査になりますので、痛みや羞恥心から苦手な妊婦さんが多いですが、出産の準備がどのくらい進んでいるかを知るためのとても大切な検査になります。

 

検査の際に足やお尻に力が入っていると、検査がうまく進まず余計に時間がかかってしまいますので、なるべくリラックスした状態で受けましょう。

 

どうしても内診が苦手な方は、付き添いの助産師さんや看護師さんに相談して、リラックスした状態で検査を受けられるよう工夫してもらうと良いでしょう。

まとめ

妊娠10ヶ月は、お母さんと赤ちゃんの両方の身体が出産に向けた準備に入ります。

 

お母さんの身体では赤ちゃんが骨盤の中に降りてきたり、前駆陣痛を感じたりといった変化が起こります。

 

赤ちゃんは、子宮の外の環境でも生きていける準備を整えて、皮下脂肪のついたふっくらとした体つきになってきています。

 

妊婦検診では新しく、モニター検査と内診が追加されます。

 

どちらの検査も、出産に向けた身体の準備がどれくらい整っているかを知るための大切な検査となっています。



関連ページ

妊娠1ヶ月(妊娠超初期)
妊娠1ヶ月(妊娠超初期)、小さな命が宿った時期に気を付けること。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠2ヶ月(妊娠初期)
妊娠2ヶ月(妊娠初期)、出産に向けて準備が進みます。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠3ヶ月(妊娠初期)
妊娠3ヶ月(妊娠初期)の頃の母体と赤ちゃん。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠4ヶ月(妊娠初期)
妊娠4ヶ月(妊娠初期)のお母さんと赤ちゃんについて。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠5ヶ月(妊娠中期)
妊娠5ヶ月(妊娠中期)はこんな時期。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠6ヶ月(妊娠中期)
妊娠6ヶ月(妊娠中期)の母親とお腹の赤ちゃんの様子。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠7ヶ月(妊娠中期)
妊娠7ヶ月(妊娠中期)のお母さんと赤ちゃんの状態。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠8ヶ月(妊娠後期)
妊娠8ヶ月(妊娠後期)は、体が大きく変化する時期。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠9ヶ月(妊娠後期)
妊娠9ヶ月(妊娠後期)ってどんな感じかな?妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!


ひよこはうすのおすすめ

このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

http://kids.ciao.jp/

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話番号:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。

【 いたずらのお問い合わせや嫌がらせ行為への対応について 】

「ひよこはうす|キッズパーク」(以下、「当社」といいます)では、いたずらのお問い合わせ・嫌がらせや勧誘目的のお問い合わせ・悪質行為を繰り返し行った方には、当社の顧問弁護士と慎重に協議した上、当社の事業責任者の友人の警察官とも連携し法的対応を取らせていただきますので予めご了承ください。

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ホーム 月齢別成長 お食い初め 赤ちゃんの病気 育児と子育て 妊娠と出産 ひよこ百貨店 お問い合わせ