妊婦健診についての基礎知識。

 

妊婦健診についての基礎知識。

安心して出産をするためには以下のような妊婦健診の基礎知識を知っておくことが非常に重要です。

受ける時期と受ける回数

現在は薬局などで購入できる検査薬を使えば医療機関に行かなくても自分が妊娠しているかどうかがわかるようになりましたが、検査薬で陽性が出れば医療機関で正式な検査を受けるのが一般的です。

 

そして、初めての医療機関への受診が初回の妊婦健診になります。

 

ちなみに、母子手帳をもらうまでは検診は全額自己負担となるので、初回の診察代は5000円から2000円程度かかるのが一般的です。

 

人間は妊娠してから出産するまで約10カ月かかりますが、妊婦健診の受診頻度は妊娠時期によって異なります。

 

厚生労働省が推奨する受診頻度は妊娠週数が8週から23週は4週間に1回の頻度、24週から35週は2週間に1回の頻度、36週から出産までは1週間に1回の頻度となっています。

 

8週目に初回の健診を受け、厚生労働省が推奨する頻度で受診すると仮定すると出産までに14回の健診を受ける計算になります。

 

ただし、前置胎盤や切迫早産などの理由で母子の健康状態に危険があると医師が判断した場合はもっと頻繁に検診を受ける必要があります。

妊婦健診では何をするのか

妊婦健診では基本的に問診と診察、基本検査、保健指導の3つを毎回行います。

 

医療機関では妊婦の体調の変化や様々なトラブルの有無などについて問診し、医師が必要と判断すれば症状を改善するための薬を処方してくれます。

 

基本検査では尿検査や体重測定、血圧測定、子宮底長腹囲の計測、浮腫の確認などを行います。

 

これらの検査は基本的に毎回行いますが、健康状態や時期によっては行わないこともあります。

 

保健指導では安全に出産をするために日常生活で気をつけなくてはいけないことの指導を受けたり、出産や育児に対する不安を解消するためのアドバイスを受けたりすることができます。

 

また、家庭事情や経済面に問題がある場合は保健師などと連携しながら支援を受けられるように指導してくれます。

 

上記の3つ以外にも出産までに血液検査を計3回、超音波検査を計4回、子宮頸がん検診を1回、GBS検査を1回、性器クラミジア検査を1回行います。

 

その他にも希望すれば胎児超音波スクリーニング検査などを受けることもできます。

時期ごとによる胎児の成長の様子

初回の妊婦健診では妊娠しているかどうかを確認することができますし、それ以後の健診では母親の健康状態や胎児の成長の様子などを確認することができます。

 

通常は妊娠5週ぐらいで胎嚢を確認することができますが、検査薬を使うのが早すぎた場合は陽性反応が出ているのに胎嚢を確認できないことがあります。

 

6週から7週くらいになると胎芽を確認できるようになり、早ければ胎児の心拍を確認できるようになります。

 

8週から11週になると胎芽から胎児と呼ばれるようになり、手足の形や頭身などがはっきりしてきます。

 

また、この時期になると臓器や器官が形成されるようになります。

 

12週から15週になると各器官の形成が終わって骨や筋肉が発達してくるので、胎児が羊水の中で手足を動かすようになります。

 

16から19週になるとさらに筋肉の発達するので胎児の動きが大きくなります。

 

そのため、早ければ胎動を感じるようになります。

 

20から23週になると性別が判別できるようになり、24週を過ぎるとお腹が大きくなるので動くのが大変になります。

 

28週から35週になると胎児の機能がほぼ完成し、36週になると臨月です。

まとめ

初めて医療機関を受診した時が妊婦健診の初回となります。

 

それ以後の受診頻度は時期によって異なり、8週から23週の間は4週間に1回、24週から35週の間は2週間に1回、36週から出産までの間は1週間に1回受診するのが基本です。

 

妊婦健診の主な内容は問診と診察、基本検査、保健指導の3つです。

 

その他にも時期によって血液検査や子宮頸がん検診、超音波検査などを行います。

 

また、希望すれば胎児超音波スクリーニング検査などを受けることもできます。

 

初回の妊婦健診では確実に妊娠しているかを確認できますし、それ以後の健診では母親の健康状態や胎児の成長の様子を確認することができます。



関連ページ

妊婦に必要な基礎知識
妊婦が知っておくべきこと。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊婦生活の注意点
妊娠中の生活の注意点。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
妊娠中の貧血
妊娠と貧血の関係とは。妊娠や出産、男の子や女の子の産み分け方法など、赤ちゃん情報が満載の「ひよこはうす|キッズパーク」です!
つわりの症状と対処法
もしかして、おめでた?つわりの症状と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
胎動を感じる時期と種類
胎動を感じた時には幸せな気分に。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
胎児から赤ちゃんへの成長
妊婦さんのお腹の中の胎児から赤ちゃんへの成長過程。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
妊娠中の食事
赤ちゃんのことを重視した妊娠中の食事。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
妊娠初期と妊娠中の運動
妊娠初期と妊娠中の運動について。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
胎児の状態を出生前診断で
ダウン症などの胎児の異常を調べる出生前診断。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんを迎える出産準備
安定期に入ったら赤ちゃんを迎える出産準備を始めよう。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
不安の多い初産の陣痛
初産の場合、陣痛が10分間隔になったら病院に連絡。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
産褥体操で産後の身体回復
産褥体操は産後の身体回復に想像以上の効果。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!


ひよこはうすのおすすめ

このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

http://kids.ciao.jp/

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話番号:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。

【 いたずらのお問い合わせや嫌がらせ行為への対応について 】

「ひよこはうす|キッズパーク」(以下、「当社」といいます)では、いたずらのお問い合わせ・嫌がらせや勧誘目的のお問い合わせ・悪質行為を繰り返し行った方には、当社の顧問弁護士と慎重に協議した上、当社の事業責任者の友人の警察官とも連携し法的対応を取らせていただきますので予めご了承ください。

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ホーム 月齢別成長 お食い初め 赤ちゃんの病気 育児と子育て 妊娠と出産 ひよこ百貨店 お問い合わせ