赤ちゃんの椅子を選ぶときは安全性を最優先に。

 

赤ちゃんの椅子を選ぶときは安全性を最優先に。

赤ちゃんの椅子には、いくつか種類があります。

 

用途に合わせて選ぶこともあります。

 

また、赤ちゃんの時期によっても椅子の選び方は変わってくるのです。

 

赤ちゃんの椅子は大きく分けますと、ローチェア、ハイチェア、テーブルチェア、ハイローチェア(ベビーラック)、バウンサー、バスチェアとなっています。

 

食事の時に使う赤ちゃんの椅子としては、ローチェア、ハイチェア、テーブルチェア、ハイローチェアです。

 

また、ねんねの時に使う椅子としては、ハイローチェア、バウンサーになります。

 

お風呂場で使う椅子が、バスチェアとなります。

 

しかし、お食事の時や、ねんねの時に使う赤ちゃんの椅子ですが、先ほども言いましたが、時期によって選ぶ椅子も違うので、気を付けなくてはいけない点です。

 

まず、生まれてからすぐに使う椅子としては、ハイローチェア、バウンサーです。

 

よく目にする機会も多い、ハイローチェアですが、使用する時期もそう長くないので、レンタルで済ませる方も非常に多いです。

 

少し、首がすわってきた時期から、本格的に赤ちゃんの椅子を購入するという方も多いのではないでしょうか。

 

首がすわってきたころから使用するローチェアですが、今までは寝ていた赤ちゃんも座りながら遊ぶ事も出来るようになるのです。

 

また、6か月頃からは、ハイチェア、テーブルチェアに変わっていきます。

 

これは、品物によっては、大きくなってからも座ることが出来ますから、長く愛用出来ます。

 

それぞれに特徴もあって、すごく便利な部分もたくさんあります。

 

子供の成長に欠かせない椅子ですが、多少大きくなってからは、気をつけなくてはいけない部分も出てきます。

 

まだ、赤ちゃんでも行動範囲が狭い3か月〜5か月くらいですと、おとなしくしているのですが、だんだんに、赤ちゃんがはいはいを覚える時期になって、つかまり立ちなどするころには、椅子から降りようとする赤ちゃんもいますから、目を配ってあげていないといけないのです。

 

しかし、今販売されている、各種の椅子は、しっかりと安全性も重視していますから信頼がとても持てます。

 

やはり、赤ちゃんのために使う物は、安全が一番です。

 

ママの気持ちになって、各メーカーも作ってくれていますから、非常に機能が充実している椅子が多いのです。

 

しかも、最近では、たくさんの種類が出ていますから、選ぶ側にとってみても、予算を決めていければ、希望の椅子も見つかるはずです。

 

また、食事の時だけ使うのではなくて、普段のお遊びの時にも、赤ちゃんの椅子は活躍してくれます。

 

特にハイチェアを使用するときには、使い方をきちんと守って使うと安心です。

 

安全ベルトなどありますから、しっかりと赤ちゃんを固定してあげると、心配も減るはずです。

 

また、指や、足を挟む危険もあります。

 

さらには、赤ちゃんが少し大きくなってくると、ベルトをするのを嫌がったりする場合もあります。

 

また、椅子から抜け出すことを覚えることもあり、その際に気を付けなくてはいけないことに、赤ちゃんが不十分な姿勢のまま、後ろに椅子ごと倒れてしまう危険があるということです。

 

そうなってしまったら、重大な事故にもなりかねませんから、食事の際には目を配ることが何よりも大切なことなのです。

 

ママや、パパの存在で、赤ちゃんは安心感を得られるものでもありますから、常に食事の時間などは、声を掛けてあげることも、愛情の一つではないでしょうか。

 

ママが、赤ちゃんに美味しいね。

 

上手に食べれたねなど、一言声を掛けながら、赤ちゃんに接してあげれたら、きっと赤ちゃんも安心しながら食事を楽しむことができるはずです。

 

特に、生まれてから一歳頃まではママの手助けを借りて食事や、遊びをしますが、徐々に自分で食事をとるようになってきます。

 

そのような時期でも、赤ちゃんの目の届くところに必ずいるようにしてあげたら、赤ちゃんもママが、そばにいると思っていたずらなどもしなくなるのです。

 

いけないことを、した場合には、叱ることも必要です。

 

しかし、どうしてダメなのかまだ、赤ちゃん自身は分からないこともしばしばあります。

 

怒ってばかりでも、子育てをする際には、あまり良い影響は与えないのです。

 

常に、ママやパパがおおらかな愛情で、赤ちゃんを見てあげることが出来たとしたら、きっと心も穏やかに赤ちゃんも過ごせるはずです。

 

椅子を選ぶときには、もちろん安全性や、機能も大切ではありますが、購入してからは生活の一部として、赤ちゃんの椅子が活躍しますので、赤ちゃんに合わせて選ぶことが必要です。

 

いいなと思って購入しても、実際には体に合わなくて結局また別の椅子を選ぶなんてことがあるかもしれないのです。

 

そうならない為にも、まずは自分の赤ちゃんが今どの位の体格であるのかもしっかりと頭に入れて購入していけたら良いです。

 

また、最近ではハイチェアなどでは、高さが調節出来る椅子も多くありますが、昔からの椅子になりますと、高さの調節が出来ない椅子もあります。

 

子育てをする際には、何歳くらいまで使用するのかなども考慮したほうが良いです。

 

大きくなってからも勉強机として使いたいと思いでしたら、高さの調節が可能な椅子を選ぶと良いです。

 

赤ちゃんの椅子を選ぶ時は、悩むことも多いはずです。

 

でも、椅子を使うことによって、赤ちゃんが喜んでくれたら選んで良かったときっと、実感するはずです。



関連ページ

プレママとは?
プレママとは?プレママの体験談とアドバイス。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんの名前の付け方
赤ちゃんの名前は画数と苗字とのバランスを考慮する。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
母子手帳ケースの役割
母子手帳ケースは長期間使える飽きないデザインを。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんが泣き止む方法
赤ちゃんは泣くのがお仕事だと分かってはいるけれど。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
ベビ−チェアの選び方
ベビ−チェアは取り外しが簡単なテ−ブル付きを。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
七五三の年齢とやり方
こどもの七五三の年齢とやり方。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
手作りのレッスンバッグ
レッスンバッグはママの愛情たっぷりの手作りで。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!


ひよこはうすのおすすめ

このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

http://kids.ciao.jp/

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話番号:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。

【 いたずらのお問い合わせや嫌がらせ行為への対応について 】

「ひよこはうす|キッズパーク」(以下、「当社」といいます)では、いたずらのお問い合わせ・嫌がらせや勧誘目的のお問い合わせ・悪質行為を繰り返し行った方には、当社の顧問弁護士と慎重に協議した上、当社の事業責任者の友人の警察官とも連携し法的対応を取らせていただきますので予めご了承ください。

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ホーム 月齢別成長 お食い初め 赤ちゃんの病気 育児と子育て 妊娠と出産 ひよこ百貨店 お問い合わせ