赤ちゃんのあせもの原因と対処法。

 

赤ちゃんのあせもの原因と対処法。

赤ちゃんは体温が高いため、とても汗をかきます。

 

ミルクを飲んで寝ての繰り返しの新生児の時期〜寝返りをうつようになるまでの3か月くらいまでは、特にあせもが出来やすいので注意が必要です。

 

一度あせもができると広がって悪化しやすくなり、あせもが原因で赤ちゃんが泣いてぐずり、暑いのに加えて寝付けない原因にもなってしまいます。

 

そこで予防が大切になります。

 

あせもが出来やすい状態になるのは、ベッドで寝ている状態やベビ−カ−やチャイルドシ−トに座った赤ちゃんが長時間同じ状態でいる時です。

 

ベッドで寝ている時はエアコンなどで室内の温度を調整しましょう。

 

車は冷房をつけていても熱がこもりやすく、さらに赤ちゃんはベビ−カ−やチャイルドシ−トで眠ってしまう事が多いのです。

 

そうすると、とても汗をかきやすい状態になり、ずっと同じ体勢でいるとあせもになる原因になります。

 

そこで、赤ちゃんの背中に当たる部分に冷却シートを当てて背中の温度を下げます。

 

さらに赤ちゃんの背中と服の間にガ−ゼのハンカチや肌触りのいいタオルを挟んで、それに汗を吸収させるようにします。

 

このように赤ちゃんの肌になるべく直接汗を長時間触れさせないようにする工夫をするとあせもが出来にくくなります。

 

汗で濡れた赤ちゃんの肌着や服を着替えさせるのはとても大変なので、このようにハンカチやタオルを使用すれば交換しやすくとても簡単で、ママも楽なので何枚か多めに用意しておくと便利だと思います。

 

また、あごの下(しわになっている部分)や髪の生え際、襟足の下(首のうしろ)や手首、腕の関節にもあせもが出来やすいです。

 

赤ちゃんは寝ている状態が多く、まだ体も十分に動かせないので特に関節などに汗が溜まりやすくなります。

 

そのような時は、沐浴をして汗を流すのが一番です。

 

赤ちゃん用の石鹸で汗が溜まりやすい場所を念入りに洗ってあげましょう。

 

ただし、ママが一人で日中赤ちゃんをお風呂に入れるのはとても大変なので日中沐浴が出来ない時は、ガ−ゼをぬるま湯で濡らして軽く絞り、優しく汗を拭き取るような感じで肌にあてるだけでも十分です。

 

さらに肌着などはこまめに交換し、常に清潔を心掛けましょう。

 

これを繰り返すだけでもかなりあせもを予防出来ます。

 

しかし、あせもはそれでも出来てしまう事があります。

 

あせもが出来てしまった場合は、先程の汗をかいた時と同様で赤ちゃん用の石鹸であせもが出来てしまった箇所を軽く洗って清潔にし、こまめに肌着などを交換します。

 

これをしてあげるだけで、たいていのあせもは2〜3日でだんだん薄くなり、自然に治っていきます。

 

ただし、万が一かきむしってしまったりすると悪化してしまいとびひになる事もあるので、その時は掛かりつけの小児科を受診する事をお勧めします。

 

とびひになると、体全体にうつってしまい治りにくくなってしまいます。

 

小児科で処方された軟膏で良くならない場合は、皮膚科を受診しましょう。

 

はじめから、皮膚科を受診するか迷いがちですが、皮膚科の薬にはステロイドの薬が入っていることが多く、赤ちゃんには強いのでなるべく最初は小児科を受診した方がいいと思います。

 

初めての出産で小さい赤ちゃん1人のお世話はとても大変です。

 

夏場の赤ちゃんは、汗を大量にかきます。

 

ミルクを飲んで、寝て起きて、お風呂から上がって、泣いて。

 

その都度対処していても、どうしてもあせもは出てしまうと思います。

 

私は長女を出産した時、顔や体にたくさん湿疹が出て、どうして急にこうなったのが初めてのことでどうしていいか全く分かりませんでした。

 

その時、まず掛かりつけの小児科へ電話して症状を話して、診察できるか確認しました。

 

診察して頂けることになり、受診したら「清潔にしていれば治りますよ。」と先生に言われましたが、念のため良くならなかった時のに体に塗る軟膏を処方して頂きました。

 

その後、体を清潔にすることを心掛けていたら、ウソのように薬もつけなくてもキレイになりました。

 

体や顔を拭く時、よだれやミルクのついたガ−ゼで間違って拭いてしまうと湿疹や悪化する原因になるので注意してくださいね。

 

その後何度か繰り返しましたが、治らない時だけ薬を塗るようにしていました。

 

基本的には肌を清潔にし、汗をかいた状態に長時間しないように注意すれば大丈夫です。

 

あまり神経質になると、ママが疲れてしまうので。

 

赤ちゃんは湿疹が出る病気も多いので、湿疹以外に熱もあるのか食欲はとか、幅広く情報を把握しなければならない時があるので、私は赤ちゃんの病気や湿疹の本を一冊購入しました。

 

色んな病気や湿疹の実例が記載されていて、病院では教えてくれない処方された薬の詳細なども記載されているので結構役に立ちました。

 

これがあるだけで、いざという時あわてず対処できてとても安心でした。

 

悩んだり、自分一人でどうしていいか分からない時は、ママのお母さんやママ友、あとは乳幼児検診で保健師さんに相談したりすると色んな情報を知ることが出来て、アドバイスも役に立つ事が多いと思います。

 

困った時は是非色んな人に相談してみてください。



関連ページ

赤ちゃんの予防接種
赤ちゃんの予防接種について。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんの嘔吐
赤ちゃんの嘔吐の原因と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんの便秘
赤ちゃんの便秘の原因と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんの下痢
赤ちゃんの下痢の原因と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんのしゃっくり
赤ちゃんのしゃっくりの原因と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんの中耳炎
赤ちゃんの中耳炎の原因と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんのインフルエンザ
赤ちゃんのインフルエンザの症状と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!
赤ちゃんRSウイルス感染症
赤ちゃんのRSウイルス感染症の症状と対処法。妊娠と出産や育児と子育てについてのアドバイスやエピソードなら「ひよこはうす|キッズパーク」で!


ひよこはうすのおすすめ

このサイト(ひよこはうす|キッズパーク)は、各大手ポータルサイトのディレクトリに、人の目による厳しい審査を通過して登録されています!

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

キッズパーク
スマホサイトはコチラ

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

http://kids.ciao.jp/

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

事業者名:ひよこはうす

事業責任者:高桑 敦司

郵便番号:259-0201

都道府県:神奈川県

市区町村:足柄下郡真鶴町

番地・号:真鶴374-1

電話番号:090-2314-9392

メール:kids@nd.ciao.jp

「ひよこはうす」へのお問い合わせ方法は原則としてメール( キッズパーク専用お問い合わせフォーム )からのみとし年中無休の24時間受付ておりますが、お問い合わせへのご回答は誠に勝手ながら土日祝日を除く午前10時〜午後10時までとなりますので予めご了承ください。

【 いたずらのお問い合わせや嫌がらせ行為への対応について 】

「ひよこはうす|キッズパーク」(以下、「当社」といいます)では、いたずらのお問い合わせ・嫌がらせや勧誘目的のお問い合わせ・悪質行為を繰り返し行った方には、当社の顧問弁護士と慎重に協議した上、当社の事業責任者の友人の警察官とも連携し法的対応を取らせていただきますので予めご了承ください。

ベビーの月齢別成長や育児と子育てガイド

ホーム 月齢別成長 お食い初め 赤ちゃんの病気 育児と子育て 妊娠と出産 ひよこ百貨店 お問い合わせ